器具田研究所  
お知らせ
【震災被災中】
視覚バリアフリー→携帯・音声読み上げ端末用サイトへ…

メニュー
+ ひと工夫
+ コラボレーション
+ プロダクト
+ ボランタリーパワー
+ メディア露出

器具田研究所について
研究・取材依頼・協力のお申し出・売り込み・見積依頼・お問い合わせもこちら→研究所の概要と連絡先を見る…




ツークリックアンケート
将来、器具田研究所を利用するとしたら?
 
顧問契約
OEM製品を小売でご購入
市販製品解析・評価
製品試作
製品企画(ライセンス)
エンドースメント契約
文章・メディア利用
結果

since 1996

 3428126 アクセス目

 9 人がオンライン


トップページ - 器具田研究所へようこそ

【声かけ写真展】器具田研究所は企画写真展「声かけ写真展」を運営しています。

本展の取り上げる写真はもとより法に抵触するものではなく、お子様からお年寄りまで年齢を問わず鑑賞していただける内容と自負しております。

2018年12月から事実でない、差別的な報道・SNS書き込みや悪意のある署名運動が観測されております。これは展主催だけでなく作家や被写体に対する名誉毀損でもあります。
事実無根の書き込みに対しては、刑事告訴をいたします。リツイートをした者も、オリジナル発信者と同じ責任を負います。虚偽の情報に基づいた署名サイトに署名することは、虚偽の陳情をすることです。ご注意ください。

次回大阪開催に向けてクラウドファンディング挑戦中。投げ銭は全額保全されておりますのでご安心ください。公式サイトは→

www.koekake.net


【官能×異常技術=アート】等身大フィギュア、特殊用途人形および軟質ホールなど特殊用途人体パーツの設計開発研究とチューニング、IoST対応などを手がける「器具田研究所」の公式サイト。マッドサイエンティストの器具田こする教授とどんちゃんの2人で、ラブドールメーカーや個人クリエイターさま、性的マイノリティの方々を支援しています。愛称WKD(Wanking Kiguda District)。


3 スタッフ近況

このサイトのニュースはRSSで読むこともできます。
http://www.kiguda.net/CMS/data/newsja.xml


お仕事報告 - 書込者 : 器具田こする教授 2018/12/12 : 21:05

声かけ写真展 Advent Calender 2018参加記事。

展の目的が写真を見せるだけならば、webで事足りる。

事実、子供の写真などネットにいくらでもあるわけで、を論じるならそれらの写真状況を論じ、なぜ展覧会なのか、さらに展示作品はどの位置にあるかを掘り下げることになるだろう。

また「ふともも写真の世界展」「なかのひとよ BLACK BOX展」「『私たちは買われた』展」などの2010's異常写真展ブームから展を読むこともできるはずだ。

こうした写真展ブームというのはSNSに大きく助けられていて、展もこれを大いに利用している。
とはいえ、運営がすることといえば大きなプロレス図式設定の中のわずかなネタばらしくらいで、具体的操作までしているわけではない。
また一時の流行で飽きられる展示を指向しているわけでもない(飽きさせることができたら、それは声かけ写真の日常化であり、展の究極の勝利である)。

展示された写真の、外側にある歴史とか状況とかお気持ちは、展という形にすると社会のバグとなって噴出する。
開催前からバグる。
展を体験してない人が勝手に想像してバグる。

そのおかしさに気づけば、我が振り直すきっかけにもなるんじゃないでしょうか。ここまで言っても気づかないのでしょうけども。
展の楽しみ方はまだまだほかにもあるんだけど…

さて、お仕事報告です。
実話BUNKAタブー2019年2月号(コアマガジン刊)にて声かけ写真展が取材されました。器具田こする教授がインタビューに答えています。

コンビニで買える。
これも展の一部だ。諸君の健闘を祈る。


灰色の死のビルディング - 書込者 : 器具田こする教授 2018/12/10 : 23:55

4階 Advent Calender 2018参加記事。

4階はエレベータをつけなくてもよい建築物の上限と聞いたことがある。

日常生活で外界に出るたびに階段で地上と4階を往復というのは軍隊、体育会系の下っ端いじめのごとき環境だ。

ところでイギリスやフランス、それらの植民地だった国ではOPTION BASEが0なので、かの国の4階は日本の5階に相当する。

日本でも戦後高度成長期に建てられた団地ではエレベータなしの5階などが現存し、家賃と人権のトレードオフ状況がわかる。
このような遺物が低所得者向けにセーフティネット住宅として再利用されている。

家賃だけを見ればもっと安い物件があるかもしれないが、そういう部屋は家主の審査でたいていハネられる。
この人口減少の中、奴らはまだ借主を選んでいる。

鉄筋コンクリートの団地。
当時は最先端の勝ち組住居だっただろう。

だがエレベータなしの5階以上は、滅多に立ち入らない倉庫ならまだしも、人の住居に供してはならない。

屈強パーソンも時間が経てば老いる。

部屋を借りるなら、自分が既に老人であると想定し、安全係数をかけて物件を選択すべきだ。
しかし、俺ら親世代から引き継いだ貧困層はこういうわけで4階や5階以外に住む選択肢はない。

落下する地点ではなく、すでに地に堕ちた者の代用監獄としての4階という捉え方だ。

ラッパーになって成り上がるくらいしか4階から抜け出すことはできないのだ。

窓から見えるのは、同じ作りの別棟。夜中に救急車が止まる。
そして隊員が同じ高さの4階、いや5階だったかに入っていく。
しばらくして、その部屋に工事が始まった。
住人はあのとき、すでに溶けていたのかもしれない。

工事といっても腐った床を剥がしただけで、リフォームはされないだろう。
人口も減るし、いずれ建物全体、取り壊されるさ。

4階から逃避しなければならない。あらゆるテクを使って。

お仕事情報 - 書込者 : 器具田こする教授 2018/09/24 : 11:01

Twitterの方で書きましたが、DWUとコラボさせていただきました。


なぜこの時期にサンタなのかは不明です。


検索










器具田的アンテナ

^ トップ ^

器具田研の制作関与商品&私的おすすめアイテム



[VALID RSS!]


  GuppY v4.5.14 で動作しています。 (C) 2004-2005 - CeCILL フリーライセンス